【研究成果物、業績等】[上へ][MANA][(旧)理論計算科学ユニット]
(構築開始、4/12、2002)(1/25、2017、更新)
(書籍、ソフトウェア、データ等)
  • 【成果物0】:(書籍)T. Sasaki and S. Suehara, a Japanese translation (Yoshioka Shoten, 2014) of an English textbook: D. S. Sholl and J. A. Steckel, "Density Functional Theory", John Wiley & Sons, Inc., 2009.
  • 【成果物0】:(書籍)新井正男、井上純一、鈴浦秀勝、田中秋広、谷口伸彦共訳、「凝縮系物理における場の理論」(上)(中)(下)、吉岡書店(A. Altland and B. Simons, "Condensed Matter Field Theory", Cambridge Univ. Press. 2006の日本語訳本)刊行。
  • 【成果物1】:(プログラム、データ等公開ライブラリ群)[SANZEN]
  • 【成果物2】:(プログラム等一部公開開始)[正式公開版](asse)
  • 【成果物2】:新バージョンあり(7/10、2003)↑
  • 【成果物2】:↓↑【成果反映のお願い】↑↓
  • 【成果物2】:(仮)[エネルギー固有値データ](共通フォーマット)
  • 【成果物3】:ノルム保存擬ポテンシャルデータベース(NCPS2K)[関連ページ][NCPS2K+]
  • 【成果物4】:(グループ業績)[論文リスト](2001年〜2017年)
  • 【成果物5】:材料設計統合システム(センターが関わっていたプロジェクト研究)
  • (参考)グループメンバー(小林)が公開しているバンド計算関連[ルーチン]
  • (参考2)グループメンバー(小林)の試み:[作る][各論][拡張編][使う](←外部へ

  • (その他)
  • 物質・材料研究機構(NIMS)の[刊行物](NIMSの刊行物:パンフレット、アウトルック[PDF形式ファイル、数十MB]など)
  • NIMS NOW(Vol. 13、No. 9)での記事(理論と計算科学の融合)
  • NIMS NOW(Vol. 10、No. 3)での記事(計算科学が映す材料の未来)
  • NIMS NOW(Vol. 2、No. 7)での記事(MgB2に関して)
  • NIMS NOW(Vol. 2、No. 8)での記事(TiO2に関して)
  • NIMS NOW(Vol. 6、No. 11)に当グループ紹介記事掲載
  • その他、特になし

  • 成果反映のお願い
    公開しているソフトウェア、データ(数値データを含む←例:NCPS2K)等をダウンロードなどの手段で入手された方で、それら公開ソフトウェア、データの使用感、問題点の指摘、ご助言などを頂けると大変ありがく思います。これは、現行の公開ソフトウェア、データをより良いものにしていくために是非必要なことでもあります。何卒、ご意見、ご感想、ご助言をよろしくお願い致します。ご助言等は、[トップページ]の当該するメンバー宛にお願いします。
    【これまでご利用、ご使用頂いた方々のフィードバック、ご意見等に深く感謝】
    [量子物性シミュレーショングループ][MANA][(旧)理論計算科学ユニット][物質・材料研究機構]

    [上へ][著作権とリンク][お問い合わせ↓]

    (J):Japanese, Webmaster(K. Kobayashi): kobayashi.kazuaki-@-nims.go.jp :("-@-" --> "@")