研究目的

材料表面に優れた耐環境性能(耐熱、耐食、耐摩耗等)を付与するコーティング材料とプロセスの研究開発

研究の歴史

NIMSにおけるコーティング研究の歴史は、半世紀を越える。1960年代に蓮井淳先生がプラズマ溶射の研究を開始、1962年には世界に先駆けて減圧プラズマ溶射装置を設計試作された。その後、北原繁室長が後を引き継ぎ、高温超伝導体や傾斜機能皮膜の開発に成果を挙げた。
1997年には高速フレーム(HVOF)溶射装置を導入し、2005年にはウォームスプレーを開発した。
近年、当グループは国際溶射会議で3年連続して優秀論文賞を受賞するなど、国際的に高い評価を得ている。

研究テーマ


・新規コーティングプロセスの研究開発
・新規コーティング材料の研究開発
・コーティングプロセスの基礎現象の解明とモニタリング技術の開発
・コーティング材の組織・特性のモデリング及び評価技術の開発
・コーティング材の損傷劣化過程の解明と予測
・コーティング材の規格・標準化に関する活動