利用方法

利用の流れ

応募と審査

一般的な申し込みから実施へのプロセスは、利用相談、お申し込み、課題審査、マシンタイムの割り当て、実施、利用報告書提出となります。課題の受付は機関によって随時、年に数回などの違いがあるため、お問い合わせいただく必要があります。また、課題審査の一般基準は、科学的、技術的、実用的な価値があるものとされていますが、応募課題審査も、上記同様、各機関で個別に定められており、 審査基準・方法・所要日数なども異なります。詳しくは、関係機関へ直接、お電話、またはメールにてご連絡ください。

利用相談

利用に関する事前相談、問い合わせ、技術的な問題解決などについては、微細構造解析プラットフォーム推進室(acnp[at]nims.go.jp)までご相談下さい。支援内容に応じて、対応可能な機関をご紹介致します。また、各機関の相談スタッフが、様々な相談に対応いたしますので、直接機関の窓口にお問い合わせいただくこともできます。

利用報告書の公開

「ナノテクノロジープラットフォーム」は文部科学省が国の事業として行うものであるため、利用結果は公開が原則になっています。ただし、特許出願や論文投稿などのため、利用報告書の公開を2年まで延期することが可能です。なお、産業界において利用報告書の公開を延期する場合は、当該利用者からの利用回数に制限を設ける場合があります。また、知的財産権については各支援機関との取り決めにより取扱いを決めることができます。

料金徴収

利用結果を公開する支援事業における研究設備の使用については、各機関で定められた規定に基づいた利用料を徴収致します。機関ごとに料金の設定がありますので、申込機関に事前にお問い合わせください。また、研究内容の占有を目的とした自主運用にお申し込みの際も、各機関で料金形態が違いますので、併せてご確認ください。
料金表のページへ

自主運用

研究内容を占有したいユーザーは、本事業とは別に、各機関が行う自主運用の範囲で設備共用の申し込みをすることができます。この場合の利用体系(課題採択、料金等)はそれぞれの機関にお問い合わせください。

講習会・セミナーなど

各機関において、設備利用講習会やワークショップ、セミナーなどが行われています。イベントの情報は微細構造解析プラットフォーム推進室HPでお知らせいたします。
イベント一覧へ

試行的利用課題

試行的利用課題とは、3プラットフォームをとりまとめているナノテクノロジープラットフォームセンターが毎年公募している制度です。認められた分の利用料と旅費などが支給されます。
詳しくは、センターHP試行的利用課題のページ(平成29年度版) をご参照ください。

熊本地震緊急対策支援について

【2016年4月26日】
2016年4月14日から熊本県などで相次いでいる一連の地震において被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
文部科学省ナノテクノロジープラットフォームでは、震災被害があった大学や企業、機関の皆様に対しまして、「ナノテクノロジープラットフォーム熊本地震緊急支援」制度により、利用料をサポート致します。
また、旅費・宿泊費の支出が可能となりました。【2016年11月7日追記】
詳細は以下の案内をご参照ください。
http://nanonet.mext.go.jp/

微細構造解析プラットフォームでは緊急対策支援対応として、九州大学をはじめ全国11機関によるネットワークにより優先的にかつ迅速に対応させていただきます。
ご相談にはいつでも対応いたしますので、下記窓口までお問い合わせください。

〒305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1
国立研究開発法人 物質・材料研究機構(NIMS)
微細構造解析プラットフォーム推進室
TEL/FAX: 029-859-2139
e-mail: acnp[at]nims.go.jp([at]を@に置き換えてください。)