平成30年度文部科学省ナノテクノロジープラットフォーム事業


JAEA&NIMS&QST微細構造解析プラットフォーム


「放射光設備利用講習会」(8月8日)開催のお知らせ






【日時】2018年8月8日(水)13:15~16:55

【主催】
国立研究開発法人日本原子力研究開発機構 JAEA微細構造解析プラットフォーム
国立研究開発法人物質・材料研究機構 NIMS微細構造解析プラットフォーム
国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構 QST微細構造解析プラットフォーム

【場所】〒619-0237 京都府相楽郡精華町光台1-7 けいはんなプラザ5階中会議室ボルガ 

【開催趣旨】
原子力機構(JAEA)、物材機構(NIMS)、量研(QST)では文部科学省ナノテクノロジープラットフォーム事業微細構造解析プラットフォームの実施機関として、放射光を用いた研究支援を行っています。放射光は広い波長領域にわたって、高輝度・高強度、高指向性、波長選択性、偏光性などの特性に優れた光源であり、物質・材料の詳細な結晶構造や電子構造、元素選択的な結合状態や局所構造など、他の方法では困難なナノ構造・状態の解析を試料非破壊で可能にします。JAEA&NIMS&QSTの三機関は、世界最高性能の第三世代大型放射光施設SPring-8に計5本の専用ビームラインを有しており、その場測定やリアルタイム測定などの機能発現メカニズムを探るための特色ある実験装置を含むこれらのビームラインを、ナノテクノロジー材料研究に役立てるために提供して、外部機関の研究を支援しています。今般、新規利用者の開拓を主な目的として、研究支援に供している実験設備の特長と利用方法に関する講習会を開催いたします。

【定員】70名(定員になり次第しめきりとさせていただきます。)

【参加費】無料

【申し込み方法】
国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構 量子ビーム科学研究部門
研究企画室QST微細構造解析プラットフォーム事務局
E-mail:ml-qst-nanoinfo[at]qst.go.jp 
電子メールにて、氏名・所属・部署・役職・住所(連絡先)・電話番号・E-maiをご記入の上、上記アドレスまで送付して下さい。

【申込締切】
2018年8月6日(月)17:00までにお申し込みください。
定員に満たない場合は当日でもご参加いただけます。

詳細は、添付のプログラムをご参照ください。

【参考ファイル】
   pdf

   

【更新履歴】
2018/07/31:チラシ更新
2018/08/03:チラシ更新