オールジャパン構造解析ワークショップ2018


~微細構造解析研究基盤構築の現状と展望~ 開催報告

開催日時:2018年3月27日(火)10:00~17:15
場所:イイノホール&カンファレンスセンター 4階 Room A

 文部科学省ナノテクノロジープラットフォーム事業 微細構造解析プラットフォーム推進室が主催し、構造解析連携協議会が共催する「オールジャパン構造解析ワークショップ2018~微細構造解析研究基盤構築の現状と展望~」を、上記日程にて開催しました。
 微細構造解析プラットフォーム運営責任者の藤田大介より開催の挨拶ののち、文部科学省研究振興局ナノテクノロジー・物質・材料担当齊藤康志参事官よりご挨拶いただきました。
 その後、先端研究基盤共用促進事業共用プラットフォーム、装置メーカー、分析業界有識者、アカデミアから関係する10名の講師による講演を行いました。
 また、講演の休憩時間には、ナノテクノロジープラットフォームセンター、微細構造解析プラットフォーム代表機関及び全11実施機関、JSTさらに構造解析連携協議会の会員企業6社によるポスターセッションを行いました。
 本ワークショップの参加者は138名で、質疑応答も活発に行われ、大変盛況でした。様々な公的共用事業・施設、民間分析業界、アカデミアが連携し、今後オールジャパンで日本の研究開発基盤構築を目指していくさきがけとなる、充実したワークショップとなりました。

ワークショップ講演の様子 ポスターセッションの様子