日本顕微鏡学会第73回学術講演会 シンポジウムS-2

「最先端計測共用を通じた産業と学問の融合」

 文部科学省ナノテクノロジープラットフォームのうち,微細構造解析プラットフォームは,最先端計測設備の共用と高度解析技術・ノウハウの提供により,世界トップレベルの研究成果の創出と産業界の課題解決を推進する事業である.
 11の大学・研究機関において,いまや年間1000件に及ぶ利用があり,とりわけ産業界ニーズに応える計測・解析技術の高度化が促進され,産業と学問の融合の成果が生まれている.本シンポジウムでは,それらの成果事例を,利用者および技術スタッフを中心とした講演者から紹介いただくとともに,産業界ニーズドリブンな最先端計測技術の今後の展開について議論する.

【主催】微細構造解析プラットフォーム

【日時】2017年5月30日(火)13:20~16:20

【場所】札幌コンベンションセンター(C会場)

【参加申込方法】
 参加には日本顕微鏡学会第73回学術講演会への参加登録(参加費あり)が必要です.
 http://www.c-linkage.co.jp/jsm73/index.html

【お問い合わせ】
 国立研究開発法人 物質・材料研究機構
 微細構造解析プラットフォーム推進室
 〒305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1
 TEL:029-859-2139
 Mail:acnp(at)nims.go.jp

プログラム,参加申し込み等詳細は,開催案内(PDF)をご覧ください.