平成29年度 第1回 産総研微細構造解析プラットフォーム


設備利用講習会(3/13)

原子サイズの微小空隙(欠陥)は、材料特性に影響を与えるため、材料開発時の評価が重要です。電子の反粒子である陽電子を利用して、金属・半導体・高分子材料等の様々な材料中の原子サイズの微小空隙(欠陥)を評価することができます。
産総研では、陽電子プローブマイクロプローブアナライザを大学・研究機関や企業の方々にご利用いただくため、ナノテクノロジープラットフォーム事業等にて公開しています。本講習会では、ナノ空孔材料など機能材料への応用に関連して、陽電子を用いた材料分析についての基礎から応用までを紹介し、かつ装置を御見学いただきます。

主催:産総研 微細構造解析プラットフォーム(先端ナノ計測施設:ANCF)

日時:平成30月3月13日(火)13時30分~17時00分

場所:産業技術総合研究所つくば第2事業所2-12棟2階第6会議室

◆参加費 : 無料(懇親会会費:3,000円)

【プログラム】
13:30-13:35 開会の挨拶 産総研 分析計測標準研究部門 研究部門長 野中秀彦
13:35-14:15 「陽電子の基礎・将来展望とナノテクノロジープラットフォーム事業」
       産総研 分析計測標準研究部門 研究グループ長 大島永康
14:15-14:45 「陽電子ビームを用いた多孔質薄膜構造解析」
       産総研 物質計測標準研究部門 研究グループ長 伊藤賢志

14:45-15:00    休憩

15:00-15:30 「ナノ空孔材料を利用した高密度・低温ポジトロニウムの生成」
       東京大学 理学系研究科物理学専攻浅井研究室  周 健治
15:30-16:00 「動力学モンテカルロ法による放射線トラックエンドシミュレーション」
       日本原子力研究開発機構   研究副主幹 甲斐健師
16:00-16:05 閉会の挨拶 産総研 分析計測標準研究部門 首席研究員   鈴木良一
16:05-16:20 休憩及び移動
16:20-17:00 産総研 陽電子施設見学

研究会終了後(17:30-)産総研内カフェ・ピクニックにて懇親会を行います。 皆様の参加をお待ちしております。(懇親会会費 3,000 円)

【参加申込について】
事前に申込みをお願いいたします。
氏名、所属名(会社名)、部署名、連絡先(E-mail、電話番号)を下記事務局宛にお送りください。
講演会のみ当日の参加申込みも可能ですが、懇親会の参加申込みは準備の都合上、3月5日(月)までにお願いいたします。

◆参加申込み・お問合せ: 分析計測標準研究部門 X 線・陽電子計測研究グループ
E-mail: y-kobayashi[at] aist.go.jp,電話: 029-861-5203,4886

【参考ファイル】
pdf