物質・材料研究機構/九州シンクロトロン光研究センター

合同シンポジウム

日時:2017年8月9日(水)10:00~17:05

場所:JST 東京本部(サイエンスプラザ)大会議室(地下1階)

参加費:無料(研究交流会は参加費:3,000円、場所:食堂(地下1階))

http://www.saga-ls.jp/?page=953

参加登録はこちらから


[概要]
材料・物質に関するビッグデータから機械学習により規則や知識を抽出し、省エネルギー、省資源、低環境負荷、高生産性等を実現する物質・材料の創生に活かすことが極めて重要です。
さらに、シンクロトロン放射光でそのような物質・材料の構造と機能を計測し、機械学習の技術であるスパースモデリング或いはベイズ推定法等でデータを解析して従来限界を突破する知見を得、新たな材料創生や実用化を促すことが必要です。
今回の合同シンポジウムでは、新しいデータサイエンスが導く材料創生と放射光解析のコラボレーションについてその可能性を探ります。


[プログラム]

- 概況報告 -
10:00~10:25  NIMSでのマテリアルズインフォマティクス研究概要紹介
伊藤 聡 / 物質・材料研究機構 統合型材料開発・情報基盤部門 情報統合型物質・材料研究拠点
10:25~10:45  九州シンクロトロン光研究センターの概況
平井 康晴 / 九州シンクロトロン光研究センター

- 特別講演 -
10:45~11:25   ベイズ計測による計測科学の情報数理基盤
岡田 真人 / 東京大学大学院 新領域創成科学研究科
11:25~12:05  EXAFSスペクトルのスパースモデリング
赤井 一郎 / 熊本大学 パルスパワー科学研究所

- 休憩 -
12:05~13:05 昼休み

- ビームライン紹介 -
13:05~13:25 九州シンクロトロン光研究センターの県有ビームライン
岡島 敏浩 / 九州シンクロトロン光研究センター

- 一般講演 -
13:25~13:50 スパースモデリングのEXAFSスペクトルへの適用
瀬戸山 寛之 / 九州シンクロトロン光研究センター
13:50~14:15 住友電工ビームライン(BL16/17)の現状
山口 浩司 / 住友電気工業株式会社 解析技術研究センター
14:15~14:40 重金属吸着剤としてのゼオライト表面修飾パーライトの合成と構造解析
笠井 誠 / 三井金属鉱業株式会社 パーライト事業部
14:40~15:05  リサイクルプラスチックの劣化機構と物理再生 ‐シンクロトロン光による内部構造からの考察‐
八尾 滋 / 福岡大学 工学部

- 休憩 -
15:05~15:20 休憩

- 一般講演 -
15:20~15:45 電子顕微鏡の多様なデータとインフォマティクスによる解析への期待
三石 和貴 / 物質・材料研究機構 先端材料解析研究拠点
原子構造物性分野 実働環境計測技術開発グループ
15:45~16:10 ToF-SIMSにおける大容量データの扱い
岩井 秀夫 / 物質・材料研究機構 技術開発・共用部門 微細構造解析プラットフォーム
16:10~16:35 スパース位相回復法による磁気イメージング
山崎 裕一 / 物質・材料研究機構 統合型材料開発・情報基盤部門
情報統合型物質・材料研究拠点
16:35~17:00 量子ビーム実験、構造モデリング、トポロジカル解析を併用した不規則系物質の構造解析
小原 真司 / 物質・材料研究機構 先端材料解析研究拠点 光・量子ビーム応用分野
シンクロトロンX線グループ
17:00~17:05 閉会挨拶
平井 康晴 / 九州シンクロトロン光研究センター

- 研究交流会 -
17:15~18:30 研究交流会  場所:食堂(地下1階) (参加費:3,000円)

詳しくはこちら↓
http://www.saga-ls.jp/?page=953