オールジャパン構造解析ワークショップ2018


~微細構造解析研究基盤構築の現状と展望~

【日 時】2018年3月27日(火)10:00~17:15(受付開始9:30~)

【場 所】イイノホール&カンファレンスセンター 4階 Room A
     東京都 千代田区内幸町2-1-1 飯野ビルディング
     アクセス→https://www.iino.co.jp/hall/access/

【参加費】無料

【プログラム】
10:00-10:05         開会挨拶              藤田大介 (NIMS理事)
10:05-10:20         挨拶                    齊藤康志 (文部科学省研究振興局参事官)
10:20-10:50         産業技術としての計測分析技術の動向と社会実装の方向性
                                                     岡田明彦 (新エネルギー・産業技術総合開発機構NEDO)
10:50-11:20         科学技術立国を支える
                                                     栗原権右衛門 (日本電子)
11:20-11:50         電子顕微鏡技術開発のこれまでと将来展望
                                                     許斐麻美 (日立ハイテクノロジーズ)
11:50-13:00         昼休み   
13:00-13:30         微細構造形成~機能発現の機序解明へ、科学と感性の響き合い
                                                     黒田孝二 (京都工芸繊維大学)
13:30-14:00         質量分析共用プラットフォームの現状と将来展望
                                                     平野久 (横浜市立大学)
14:00-14:30         異種材料接合界面の評価から界面破壊強度の予測へ
                                                     川瀬昇 (株式会社日東分析センター)
14:30-15:00         東レリサーチセンターにおける電子顕微鏡を用いた微細構造解析
                                                     大塚祐二 (株式会社東レリサーチセンター)
15:00-15:40         ポスターセッション&コーヒーブレーク
15:40-16:10         AMED/BINDS よる国内クライオ電顕ネットワークの整備状況
                                                     吉川雅英 (東京大学)
16:10-16:40         原子分解能電磁場観察 STEM 法の開発と応用
                                                     柴田直哉 (東京大学)
16:40-17:10         FIB-SEM を用いた観察解析支援
                                                     山本剛久 (名古屋大学)
17:10-17:15         閉会挨拶              藤田大介 (NIMS理事)




申込登録はこちらから↓

事前登録

WEBによる事前登録は3/23(金)正午までといたします。
以降は、当日受付とさせていただきますのでご了承ください。

【主催】
国立研究開発法人 物質・材料研究機構 微細構造解析プラットフォーム推進室

【共催】
構造解析連携協議会

  

【連絡先】 微細構造解析プラットフォーム推進室
      TEL: 029-859-2139 E-mail:acnp[at]nims.go.jp

【参考ファイル】
チラシpdfプログラムpdf  

【変更履歴】
2018/3/16 プログラム詳細追加