2017年度 微細構造解析プラットフォーム シンポジウム

【日 時】10月3日(火曜日)10:00~17:20(受付開始9:30~)

【場 所】東京大学 武田先端知ビル5F 武田ホール
     アクセス→http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_04_16_j.html

【参加費】無料

【プログラム】

10:00-10:05 開会挨拶
        物質・材料研究機構 理事 藤田大介

10:05-10:15 挨拶
        文部科学省 研究振興局 参事官 齊藤康志

10:15-10:50 特別講演「構造生物学を激変させたCryoEM」
        名古屋大学特任教授 藤吉好則

10:50-11:25 特別講演「最先端STEM の進歩と材料科学への応用」
        東京大学教授 幾原雄一

11:25-11:50 「ナノ粒子の状態解析の進展と新たな触媒機能の開発」 松村晶(九州大学)

11:50-12:15 「FIB-SEM による3 次元構造解析」
        松尾保孝(北海道大学)

12:15-13:15 昼休み

13:15-13:40 「放射光を利用した熱電材料の時分割X 線回折測定」
        福田竜生(日本原子力研究開発機構)

13:40-14:05 「先端電子顕微鏡によるナノ結晶材料の微細構造解析 実施例を中心に」
        西嶋雅彦(東北大学)

14:05-14:30 「原子2体分布関数法による不均一な構造の解析」
        片山芳則(量子科学技術研究開発機構) 

14:30-14:55 「可変磁場中のローレンツ電顕法による磁気渦の動的観察」
        于秀珍(理化学研究所)実施機関:物質・材料研究機構

14:55-15:20 「気相法で作製したアモルファスゲルマニウムの自発的構造遷移と結晶化挙動」
        仲村龍介(大阪府立大学)実施機関:大阪大学

15:20-15:35 休憩

15:35-16:00 「モノクロメータ搭載STEM による高エネルギー分解能EELS」
        倉田博基(京都大学)

16:00-16:25 「陽電子消滅法の太陽電池開発応用
          :a-Si:H/c-Si ヘテロ接合界面近傍ボイド構造の解明へ向けて」
        松木伸行(神奈川大学)実施機関:産業技術総合研究所

16:25-16:50 「超高圧電子顕微鏡によるガス環境実験から生物試料観察まで」
        荒井重勇(名古屋大学)

16:50-17:15 「先端電子顕微鏡を用いた電子デバイス解析」
        佐々木宏和(古河電工株式会社)実施機関:東京大学

17:15-17:20 閉会挨拶

前日の10月2日(月)15:30~16:30には東京大学微細構造解析プラットフォーム施設見学会も開催いたします。(一般参加可。要事前参加登録。)
施設見学会は定員30名です。

集合場所:東京大学 浅野キャンパス
     東京大学工学部9号館1F玄関
     アクセス→http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_04_10_j.html
集合時間:15:30

申込登録はこちらから↓

事前登録

WEBによる事前登録は9/29(金)正午までといたします。
以降は、当日受付とさせていただきますのでご了承ください。

【主催】
国立研究開発法人 物質・材料研究機構 微細構造解析プラットフォーム推進室

【共催】
微細構造解析プラットフォーム参画機関:
北海道大学、東北大学、物質・材料研究機構、産業技術総合研究所、東京大学、名古屋大学、
京都大学、大阪大学、日本原子力研究開発機構、量子科学技術研究開発機構、九州大学

  

【連絡先】 微細構造解析プラットフォーム推進室
      TEL: 029-859-2139 E-mail:acnp[at]nims.go.jp

【参考ファイル】
チラシpdf