ここからサイトの主なメニューです

各グループの説明

ここからページの本文です

磁石材料グループ

三宅 隆
(AIST)

ハイブリッド車・電気自動車の駆動用モータや風力発電機に用いる強力磁石の消費量が近年増加しています。現在最強のネオジム磁石(佐川眞人,1982年)は、発明から30年以上が経過しています。その主相のNd2Fe14Bを超える磁気物性値(飽和磁化、結晶磁気異方性、キュリー温度)を持つ磁石化合物の提案に期待がかかっています。また永久磁石の材料特性は、主相の物性だけでは決まらず、材料組織や粒界の状態に依存します。磁石材料グループでは、機械学習と計算科学を組み合わせた新磁石化合物探索の手法開発と応用を実行するとともに、実験とシミュレーションで得られる材料組織や磁化反転のデータを統計的手法で解析し、保磁力機構に迫ります。

グループメンバー紹介

研究テーマの進捗

ページの先頭に戻る

ここからサイトの主なメニューです