ここからサイトの主なメニューです

各グループの説明

ここからページの本文です

データ科学グループ

津田 宏治 (東京大学大学院新領域創成科学研究科メディカル情報生命専攻教授)

本グループでは、機械学習・人工知能のアルゴリズムを物質・材料データに応用し、新たな物質・材料の発見につなげることを目標とし、理論・実践の両面から研究を行う。理論面では、機械学習と第一原理計算の統合による物性予測アルゴリズム、及び、優れた構造最適化アルゴリズムの開発を行う。開発されたアルゴリズムを実践で活かすため、ソフトウェアツールの開発を積極的に行い、他のチームとシェアする。それらの活動を通して、大規模データベースからの有用物質・材料探索の実現を目指す。

グループメンバー紹介

ページの先頭に戻る

ここからサイトの主なメニューです