ホーム > 研究活動 > 口頭発表(2016) > 量子化学計算による電子雲の3Dプリンタ出力用コード開発

研究活動

量子化学計算による電子雲の3Dプリンタ出力用コード開発

第30回分子シミュレーション討論会

2016年11月30日(水)

山崎淳 (東大物性研)、古宇田光 (東大物性研) 長代新治(クロスアビリティ)、千田範夫(クロスアビリティ)、古賀良太 (クロスアビリティ)

概要

空間に分布する物理量の計算結果を3Dプリンタに出⼒可能なSTL(Standard Triangulated Language)ファイルに変換する、専⽤コードを開発した。このコードにより、透明樹脂の中へのドット形状制御や⾊の選択をすることで、造形の制御が難しかった電⼦密度分布や分⼦軌道などを効果的に表現することが可能となった。講演では、本コードを分⼦モデリング・可視化ソフトウェアWinmostarの中に組み込み、GAMESSにより計算したS型波動関数とフラーレンの分⼦軌道、電⼦密度分布を造形した例を⽰す予定。

その他特記事項

文部科学省「HPCI戦略プログラム:分野2新物質・エネルギー創成」、「ポスト「京」重点課題「次世代の産業を支える新機能デバイス・高性能材料の創成」、「元素戦略磁性材料研究拠点:基盤的計算機シミュレーション手法の検討」




研究活動

元素戦略拠点

触媒・電池元素戦略拠点
触媒・電池元素戦略研究拠点 (京都大学)
東工大元素戦略拠点
東工大元素戦略拠点 (東京工業大学)
構造材料元素戦略研究拠点
構造材料元素戦略研究拠点 (京都大学)
高効率モーター用磁性材料技術研究組合
高効率モーター用 磁性材料技術研究組合