ホーム > 研究活動 > 口頭発表(2016) > 磁石化合物 Nd(Fe12−xMx)X (M=Ti, Co; X=B, C, N, O, F) におけるサイト間磁気結合の第一原理電子状態計算

研究活動

磁石化合物 Nd(Fe12−xMx)X (M=Ti, Co; X=B, C, N, O, F) におけるサイト間磁気結合の第一原理電子状態計算

日本物理学会第71回年次大会

2016.3.19-22
(2016.03.17 更新)

深澤太郎,赤井久純,原嶋庸介,三宅隆

概要

磁石化合物Nd(Fe_12-x_M_x_)X (M=Ti, Co; X=B, C, N, O, F)は硬磁石でありながら高い飽和磁化を持ち注目されている。この系について第一原理電子状態計算を行い、各サイト間の磁気結合の強さをLichetenstein法によって見積もった。特にNd-Fe間の磁気的な結合については先行研究でキュリー温度への大きな影響が示唆されているが、その系による違いについて計算結果に基づき考察する。


研究活動

元素戦略拠点

触媒・電池元素戦略拠点
触媒・電池元素戦略研究拠点 (京都大学)
東工大元素戦略拠点
東工大元素戦略拠点 (東京工業大学)
構造材料元素戦略研究拠点
構造材料元素戦略研究拠点 (京都大学)
高効率モーター用磁性材料技術研究組合
高効率モーター用 磁性材料技術研究組合