ホーム > 研究活動 > 口頭発表(2014) > 第一原理計算による Fe/Cu 薄膜の電子状態解析

研究活動

第一原理計算による Fe/Cu 薄膜の電子状態解析

第75回応用物理学会秋季学術講演会、北海道大学 札幌キャンパス

2014年9月18日(木)

立津慶幸、常行真司、合田義弘

概要/Abstract

本研究では、fcc-Fe/Cu(001)におけるFeの磁気構造の理解のために、強磁性状態が報告されている4MLまでの第一原理計算を行った。計算プログラムとしては、擬原子基底を用いたOpenMXを使用した。基板となるCuの格子定数を第一原理的に求めたところ3.64Åとなり、Feの格子定数もCuと一致させる形で結晶構造を仮定した。モデル構造としては、基板のCuを7ML、Feを1〜4MLまで積み上げ、その上を真空層としたスラブモデルである。Feの各層を強磁性状態と仮定して計算を行った場合、各Fe層のスピン磁気モーメントは、Cuとの界面および表面で大きな値を示し、内部の層では理論計算によって求めたfcc-Feバルクの値(2.59μB)に近い値を示した。



研究活動

元素戦略拠点

触媒・電池元素戦略拠点
触媒・電池元素戦略研究拠点 (京都大学)
東工大元素戦略拠点
東工大元素戦略拠点 (東京工業大学)
構造材料元素戦略研究拠点
構造材料元素戦略研究拠点 (京都大学)
高効率モーター用磁性材料技術研究組合
高効率モーター用 磁性材料技術研究組合