ホーム > 研究活動 > 口頭発表(2014) > 高輝度軟X線MCDによるNd-Fe-B永久磁石粒界相の高温磁気特性評価

研究活動

高輝度軟X線MCDによるNd-Fe-B永久磁石粒界相の高温磁気特性評価

日本金属学会2014春期(第154回)講演大会

保井晃、小谷佳範、木下豊彦、中村哲也 ( JASRI/SPring-8 )
宝野和宏、広沢哲 ( NIMS )

概要/Abstract

Nd-Fe-B永久磁石の保磁力向上には、主相結晶粒間の磁気的結合を分断することが有効であると考えられている。
したがって、より高性能な磁石を創製するためには、粒界相の磁気特性を調べる計測技術の構築が必要不可欠である。
特に、近年、ハイブリッド自動車の駆動モーター材料としての需要が高まっており、200℃付近の高温下での粒界磁気特性の解明が課題となっている。
これまでに、主相結晶粒間に存在する厚さ数 nmの二粒子粒界相が強磁性を示すことが明らかになっている。
本研究は、この粒界相の高温下での磁気特性が、添加元素や最適化熱処理に依存して、保磁力とどのような関係にあるかを明らかにすることを目的としている。
講演では、軟X線磁気円二色性分光(MCD)実験を用いてNd-Fe-B焼結磁石の二粒子粒界相の高温磁気特性を解析した結果を示す。



研究活動

元素戦略拠点

触媒・電池元素戦略拠点
触媒・電池元素戦略研究拠点 (京都大学)
東工大元素戦略拠点
東工大元素戦略拠点 (東京工業大学)
構造材料元素戦略研究拠点
構造材料元素戦略研究拠点 (京都大学)
高効率モーター用磁性材料技術研究組合
高効率モーター用 磁性材料技術研究組合