ホーム > 研究活動 > 口頭発表(2013) > 放射光X線及び中性子を相補的に用いたNd2Fe14Bの磁気構造解析

研究活動

放射光X線及び中性子を相補的に用いたNd2Fe14Bの磁気構造解析

日本金属学会

2013年8月15日(木)
(2013.08.15 更新)

斉藤耕太郎 ( KEK )
井波暢人 ( KEK )
上野哲朗 ( NIMS )
大鳥博之 ( KEK )
武市泰男 ( KEK )
佐賀山遼子 ( KEK )
熊井玲児 ( KEK )
石垣 徹 ( 茨城大学 )
矢野正雄 ( トヨタ自動車 )
加藤 晃 ( トヨタ自動車 )
宮本典孝 ( トヨタ自動車 )
庄司哲也 ( トヨタ自動車 )
真鍋 明 ( トヨタ自動車 )
金子裕治 ( 豊田中央研究所 )
小野寛太 ( KEK )

Abstract

【緒言】 われわれはNd-Fe-B磁石における保磁力機構を明らかにすることを目的として、 放射光と中性子を相補的に用いることにより Nd2Fe14Bをベースとした磁性材料の磁気構造解析に取り組んでいる。
本発表ではNd2Fe14B及びDy添加試料のTOF法による粉末中性子回折パターンから求めた磁気構造を報告する。
【実験方法】 Nd2Fe14B及びDy 12.5 atm%添加のストリップキャスト試料約3 gを粉末状にすりつぶし、J-PARC/MLFに設置され茨城県材料構造解析装置iMATERIAにて1時間測定した。
またX線回折実験はPhoton Factoryに設置されたラウエ回折計BL-8Bにて18 keVの放射光X線を用いて実施した。
【結果】 原子位置、サイトごとの磁気モーメントの大きさともにおおよそ先行研究と同様の結果が得られた。
Dy 12.5 atm%添加試料ではYelonらによるDy 50 atm%の報告とは異なる傾向の結果が得られた。


研究活動

元素戦略拠点

触媒・電池元素戦略拠点
触媒・電池元素戦略研究拠点 (京都大学)
東工大元素戦略拠点
東工大元素戦略拠点 (東京工業大学)
構造材料元素戦略研究拠点
構造材料元素戦略研究拠点 (京都大学)
高効率モーター用磁性材料技術研究組合
高効率モーター用 磁性材料技術研究組合