ホーム > 研究活動 > 口頭発表(2013) > Sm2Fe17N3微粒子の単結晶構造解析

研究活動

Sm2Fe17N3微粒子の単結晶構造解析

日本磁気学会学術講演会

2013年8月15日(木)
(2013.08.15 更新)

井波暢人 ( KEK )
武市泰男 ( KEK )
上野哲朗 ( NIMS )
斉藤耕太郎 ( KEK )
佐賀山遼子 ( KEK )
熊井玲児 ( KEK )
小野寛太 ( KEK )

Abstract

Coey や Iriyama らにより発見されたSm2Fe17N3は、大きな飽和磁化とκ>1の硬さパラメータを持ち、高い最大エネルギー積を実現する可能性のある強磁性化合物である[1,2]。
しかしながら、Sm-Fe-N は約650˚CでFeとSm-N に分解するため焼結が困難であり、Sm-Fe-N微粒子を樹脂で固めたボンド磁石のみ実用化されている。
Sm-Fe-NやFe-Nなど微粒子の磁石材料の研究開発を進める上で、結晶構造や窒素サイトの位置などを正確に決定することは極めて重要である。
われわれはSm2Fe17N3微粒子の1粒子をピックアップして結晶構造解析を行う手法を開発し、単一の Sm2Fe17N3微粒子の単結晶構造解析に成功したので報告する。


研究活動

元素戦略拠点

触媒・電池元素戦略拠点
触媒・電池元素戦略研究拠点 (京都大学)
東工大元素戦略拠点
東工大元素戦略拠点 (東京工業大学)
構造材料元素戦略研究拠点
構造材料元素戦略研究拠点 (京都大学)
高効率モーター用磁性材料技術研究組合
高効率モーター用 磁性材料技術研究組合