ホーム > 拠点の概要

拠点の概要

希少元素によらない新規高性能永久磁石材料を研究開発する世界的な拠点

代表研究者 広沢 哲


元素戦略磁性材料研究拠点は、理論・計測解析・材料創製の3分野を融合させて、新規磁石材料の理論探索を進めると同時に、既存磁石材料の高性能化技術を研究し、希少元素に依らない大量生産可能な次世代磁石材料を実験室規模で創製し、産業界での開発研究に必要とされる基礎学理と技術基盤を構築することを目的としています。同時に、将来の磁性材料研究開発の継続的な発展に寄与する人材の育成も目指します。

永久磁石材料は、ハイブリッド自動車・電気自動車のモータや、風力発電機をはじめ、エアコン・冷蔵庫等の電気製品の心臓部に使われており、磁石特性の向上は省エネルギーに大きく貢献します。

現在最高性能を有する希土類磁石は、日本の佐川眞人博士により発明され、 鉄を主成分としてネオジム・ジスプロシウムと硼素を使った合金(ネオジム磁石)が高性能用途で使用されています。しかし、希土類(レアアース)資源を海外に依存する我が国にとって、資源輸出国の政策やレアアース価格の高騰が近年では問題となっており、 ジスプロシウムのような希少資源を使わずに高性能な永久磁石を創出す ることが求められるようになりました。

永久磁石材料は、ナノメートル領域の結晶組織制御によって特性が発現する材料ですが、そのような微細領域の磁気物性値や特性を決めるメカニズムについての学問的な解明はなされていません。最近の理論研究や、ナノテクノロジーの急伸により、ようやく磁石特性メカニズムの解明研究に手かがりが得られてきた状況です。

代表研究者あいさつ




本研究拠点では、メカニズム解明に根差した新規高性能磁石材料の創出を目指し、代表研究者の下に、新規物質探索の決め手となる理論や計算科学の分野を担当する「電子論グループ」、特性発現機構解明に欠かせない微細領域の組織解析の分野を担当する「解析評価グループ」、高度な組織制御技術を駆使し研究成果の工業化に不可欠な材料創製分野を担当する「材料創製グループ」の3グループを設置し、東北大学、産業技術総合研究機構、高エネルギー加速器研究機構、東京大学、東京大学物性研究所、東京工業大学、名古屋大学、京都大学、北陸先端科学技術大学院大学、高輝度光科学研究センターの10機関と連携して、共同研究を推進していきます。


拠点の概要

元素戦略拠点

触媒・電池元素戦略拠点
触媒・電池元素戦略研究拠点 (京都大学)
東工大元素戦略拠点
東工大元素戦略拠点 (東京工業大学)
構造材料元素戦略研究拠点
構造材料元素戦略研究拠点 (京都大学)
高効率モーター用磁性材料技術研究組合
高効率モーター用 磁性材料技術研究組合